大東建託@いい部屋ネット > 大東建託 物件 > 大東建託の物件の工法

大東建託 物件

大東建託の物件の工法

大東建託物件は2×4工法、新木軸工法、システムプレース構造、重量鉄骨ラーメン構造などの工法で建築し物件ができています。

壁式構造(ツーバイフォー工法)だと、地震などの力を床や壁などの面で受け止めます。力が6つの面に分散するため、物件の変形量は小さくなります。

新木軸工法(エンジニアリングウッド)で作られた物件は、一般的な無垢製材に対し、最大で2倍を超える強度を持っています。スギ無垢材に対する材料強度では圧縮強度で1.5倍、引っ張り度で2.2倍を、比較的強度が高いといわれるヒノキに対しても、1.1倍から1.7倍の強度を確保しています。

システムプレース構造は主要構造柱に使用する角形鋼管を平面的に45度回転させ、柱とブレースを直接溶接したものです。この結果、従来のブレース構造に比べ、耐力を飛躍的に向上させています。この技術で大東建託は(財) 日本建築センターから構造耐力性能評価を取得しています。

重量鉄骨ラーメン構造では地震や台風の外力を柔らかく逃がすことで粘り強い耐震・耐風性を発揮する、いわゆる柔構造と呼ばれる構造で、耐震構造として数多くの超高層ビルにも採用されています。

これらの工法で建てられた大東建託の物件は安心ですね。アパートタイプの物件やマンションタイプの物件に使用されているようですよ。

<<大東建託と賃貸 | 大東建託@いい部屋ネットトップへ | 参考になる大東建託いい部屋ネット>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。